3私の考えた一か月節約術

投稿者: | 2017年10月12日

毎月、月末の給料日を過ぎたら通帳を記帳しに行きます。
家賃、光熱費、通信費カードの支払いなどの生活費が数字になって現実を私に突き付けてきます。通帳の残高は今月も増えてはいませんでした。一人暮らしを初めて5年目になるのですが、いまだに貯金ができていません。毎日自炊をして食費は節約しているつもりなのですが、如何せん趣味に費やす時間とお金が多すぎるのだと自覚しています。田舎に住んでいる私の1か月の支出の中で最も多いのは、遊びにいくための「交通費」でした。しかしここ数年、結婚を意識するようになってからは、通帳とのにらめっこがより辛くなってきました。やはり自分の身の丈にあったレベルの生活をしなければならないのだと、月末が来るたびに思います。最近思いついた節約方法は、財布を「生活用」と「趣味用」の2つ持つことですいつもは一度にまとめておろしたお金で、生活費も娯楽費も賄っていました。娯楽費が多い月は、生活費が足りなくなるのでまた銀行で少しおろして足して・・・としていたので、結局趣味に使うお金がどんどん嵩増ししていたように思います財布に入れたお金の範囲内で1か月やり繰りできれば、浪費を防げるのではないかと思いました。財布を買って、今月から挑戦してみたいと思います。
赤帽の引越し料金