貧乏でも生きていくのです。

投稿者: | 2017年3月23日

とにかく、キャッシングなんて100害あって1利なんてぜんぜんないですよね。
こわいこわい。
身ぐるみ剥がれてそれでおしまいならまだいいけど、どこまでもどこまでも返済に追われます。
私が住んでいる街の駅前にはたくさんのキャッシング会社の無人コーナーがあります。
ああ、これでみんなキャッシングしてるんだなあと思うと、こわいですね。
何がこわいって私は、100万円超えるお金を借りて、それを返済できないっていう苦しみから未遂2回もしたのです。
そのときの恐怖ね。
だったら100万円なんてお金借りなきゃいいのにね。
それを借りてでも何か遊びたかった。完全に病気です。
躁鬱っていうね病気。
もう今はそんなことないけど、でもたまに、ふっとお金ほしいなあと思って、プロミスだのアコムだのモビットだのの無人コーナーをちらっと見てしまう。
そんなちらっと見る自分の心がこわいです。
返済がどれだけ心を蝕むか。
こわいのに、それでもお金がほしいっていうね。
宝くじなんてぜんぜん当たった試しないし。
ちびまる子ちゃんのスクラッチも、ぜんぜん当たったことない。
これからもきっとお金の運は巡ってこないと思う。
きっとお金は縁がないと思う。
それでも生きていかなきゃならないです。しんどいけど仕方ない。
貧乏でもそれでも生きていくのです。